Publications

2017

  • Iribe H, Miyamoto K, Takahashi T, Kobayashi Y, Leo J, Aida M, Ui-Tei K. (2017)
    Chemical modification of the siRNA seed region suppresses off-target effects by steric hindrance to base-pairing with targets.
    ACS Omega, 2, 2055-2064, 2017.
    doi: 10.1021/acsomega.7b00291 
  • Suzawa M, Noguchi K, Nishi K, Kozuka-Hata H, Oyama M, Ui-Tei K. (2017)
    Comprehensive identification of nuclear and cytoplasmic TNRC6A-associating proteins.
    J. Mol. Biol., in press
    doi: 10.1016/j.jmb.2017.04.017
  • Wang Q, Ui-Tei K. (2017)
    Computational prediction of CRISPR/Cas9 target sites reveals potential off-target risks in human and mouse.
    "Genome Editing in Animals: Methods and Protocols" (Ed.Hatada I)
    2017Wang MiMB_4, 1630, 43-53. [PDF]
    doi: 10.1007/978-1-4939-7128-2_4
  • Galipon J, Ishii R, Suzuki Y, Tomita M, Ui-Tei K (2017)
    Differential binding of three major human ADAR isoforms to coding and long non-coding transcripts.
    Genes (Basel), 8, E68. [PDF]
    doi:10.3390/genes8020068
  • Ui-Tei K, Maruyama S, Nakano Y. (2017)
    Enhancement of single guide RNA transcription for efficient CRISPR/Cas-based genomic engineering.
    Genome, 1-9. 
    doi: 10.1139/gen-2016-0127

2016

  • Kato M, Huang Y-Y, Matsuo M, Takashina Y, Sasaki K, Horai Y, Juni A, Kamijo S, Saigo K, Ui-Tei K, Tei H. (2016)
    RNAi-mediated knockdown of mouse melanocortin-4 receptor in vitro and in vivo, using an siRNA expression construct based on the mir-187 precursor.
    Exp. Anim. 66, 41-50. [PDF]
    doi: 10.1538/expanim.16-0065.
  • Ui-Tei K. (2016)
    Is the efficiency of RNA silencing evolutionarily regulated ?
    Int. J. Mol. Sci. 17, 719. [PDF]
    doi: 10.3390/ijms17050719.

2015

  • Kamola PJ, Nakano Y, Takahashi T, Wilson PA, Ui-Tei K. (2015)
    The siRNA non-seed region and its target sequences are auxiliary determinants of off-target effects.
    PLoS Comput. Biol. 11, e1004656.[PDF]
    doi: 10.1371/journal.pcbi.1004656.
  • Nishi K, Takahashi T, Suzawa M, Miyakawa T, Nagasawa T, Ming Y, Tanokura M, Ui-Tei K, (2015)
    Control of the localization and function of a miRNA silencing component TNRC6A by Argonaute protein.
    Nucleic Acids Res. 43, 9856-9873. [PDF]
    doi: 10.1093/nar/gkv1026.
  • Ishikawa T, Takizawa T, Iwaki J, Mishima T, Ui-Tei K, Takeshita T, Matsubara S, Takizawa T. (2015)
    Fc gamma receptor IIb participates in maternal IgG trafficking of human placental endothelial cells.
    Int. J. Mol. Med. 35, 1273-1789. [PDF]
    doi: 10.3892/ijmm.2015.2141.
  • Naito Y, Hino K, Bono H, UI-Tei K. (2015)
    CRISPRdirect: software for designing CRISPR/Cas guide RNA with reduced off-target sites.
    Bioinformatics 31, 1120-1123. [PDF]
    doi: 10.1093/bioinformatics/btu743.

2014

  • Kume H, Hino K, Galipon J, Ui-Tei K. (2014)
    A-to-I editing in the miRNA seed region regulates target mRNA selection and silencing efficiency.
    Nucleic Acids Res. 42, 10050-10060.[PDF]
    doi: 10.1093/nar/gku662
  • Takahashi T, Zenno S, Ishibashi O, Takizawa T, Saigo K, Ui-Tei K. (2014)
    Interactions between the non-seed region of siRNA and RNA-binding RLC/RISC proteins, Ago and TRBP, in mammalian cells.
    Nucleic Acids Res. 42, 5256-5269.[PDF]
    doi: 10.1093/nar/gku153
  • Yukinaga H, Shionyu C, Hirata E, Ui-Tei K, Nagashima T, Kondo S, Okada-Hatakeyama M, Naoki H, Matsuda M. (2014)
    Fluctuation of Rac1 activity is associated with the phenotypic and transcriptional heterogeneity of glioma cells.
    J. Cell Sci. 127, 1805-1815.[PDF]
    doi:10.1242/jcs.139733

2013

  • Nagata Y, Shimizu E, Hibio N, Ui-Tei K. (2013)
    Fluctuation of global gene expression by endogenous miRNAs response to the introduction of an exogenous miRNA.
    Int. J. Mol. Sci. 14, 11171-11189.[PDF]
    doi:10.3390/ijms140611171
  • Ui-Tei K. (2013)
    Optimal choice of functional and off-target effect-reduced siRNAs for RNAi therapeutics.
    Front. Genet. 4, 107.[PDF]
    doi:10.3389/fgene.2013.00107
  • Takahashi T, Miyakawa T, Zenno S, Nishi K, Tanokura M, Ui-Tei K.(2013)
    Distinguishable in vitro binding mode of monomeric TRBP and dimeric PACT with siRNA.
    PLoS ONE 8, e63434.[PDF]
    doi:10.1371/journal.pone.0063434
  • Nishi K, Nishi A, Nagasawa T, Ui-Tei K.(2013)
    Human TNRC6A is an Argonaute-navigator protein for microRNA-mediated gene silencing in the nucleus.
    RNA 19, 17-35. [PDF]
    doi:10.1261/rna.034769.112
  • Naito Y, Ui-Tei K. (2013)
    Designing functional siRNA with reduced off-target effects.
    "siRNA Design"
    Methods Mol. Biol. 942, 57-68.
    doi: 10.1007/978-1-62703-119-6_3
  • Ackerman WE 4th, Carter AM, De Mestre AM, Golos TG, Jeschke U, Kusakabe K, Laurent LC, Parast MM, Roberts RM, Robinson JM, Rutherford J, Soma H, Takizawa T, Ui-Tei K, Las GE. (2013)
    IFPA meeting 2012 workshop report I: Comparative placentation and animal models, advanced techniques in placental histopathology, human pluripotent stem cells as a model for trophoblast differentiation
    Placenta, 34, S3-5.

2012

  • Hibio N, Hino K, Shimizu E, Nagata Y, Ui-Tei K. (2012)
    Stability of miRNA 5’ terminal and seed regions is correlated with experimentally observed miRNA-mediated silencing efficacy.
    Sci. Rep. 2, 996. [PubMed]
    doi:10.1038/srep00996, 2012.
  • Ui-Tei K.(2012)
    sdRNA: siRNA with a DNA seed for an efficient and target-gene specific RNA interference.
    Gene Technology. 1, 102. [PDF]
  • Naito Y, Ui-Tei K (2012)
    siRNA design software for a target gene-specific RNA interference.
    Front. Genet. 3, 102. [PDF]
    doi: 10.3389/fgene.2012.00102
  • Ui-Tei K, Nishi K, Takahashi T, Nagasawa T. (2012)
    Thermodynamic control of small RNA-mediated gene silencing.
    Front. Genet. 3, 101. [PDF]
    doi: 10.3389/fgene.2012.00101

2011

  • Mazda M, Nishi K, Naito Y, Ui-Tei K. (2011)
    E-cadherin is transcriptionally activated via suppression of ZEB1 transcriptional repressor by small RNA-mediated gene silencing.
    PLoS ONE. 6, e28688.[PDF]
    Top 25% most cited PLOS ONE article★
  • Yamato K, Egawa K, Endo S, Ui-Tei K, Yamada T, Saigo K, Hyodo I, Kiyano T, Nakagawa I. (2011)
    Enhanced specificity of HPV16 E6E7 siRNA by RNA-DNA chimera modification.
    Cancer Gene Ther. 18, 587-597.[PDF]
  • Sasaki N, Shinomi M, Hirano K, Ui-Tei K, Nishihara S. (2011)
    Lacdinac (Galnacβ1-4glcnac) contributes to self-renewal of mouse embryonic stem cells by regulating LIF/STAT3 signaling.
    Stem Cells. 29, 641-650.[PDF]

2010

  • Tanaka F, Mochizuki T, Liang X, Asanuma H, Tanaka S, Suzuki K, Kitamura SI, Nishikawa A, Ui-Tei K, Hagiya M. (2010)
    Robust and photocontrollable DNA capsules using azobenzenes.
    Nano Lett. 10, 3560-3565.[PDF]
  • Takizawa T, Gemma A, Ui-Tei K, Aizawa Y, Sadovsky Y, Robinson JM, Seike M, Miyake K. (2010)
    Basic and clinical studies on functional RNA molecules for advanced medical technologies.
    J. Nippon Med. Sch. 77, 71-79. [PDF]
  • Taniue K, Nishida A, Hamada F, Sugie A, Oda T, Ui-Tei K, Tabata T, Akiyama T. (2010)
    Sunspot, a link between Wingless signaling and endoreplication in Drosophila.
    Development 137, 1755-1764.[PubMed]
  • Hamada T, Teraoka M, Imaki J, Ui-Tei K, Ladherc R.K, Asahara T. (2010)
    Gene expression of Spag6 in chick central nervous system.
    Anat. Histol. Embryol. 39, 227-32. [PDF]
  • Narikawa K, Nishi K, Naito Y, Mazda M, Ui-Tei K. (2010)
    Genome-wide identification and analysis of miRNAs complementary to upstream of mRNA transcription start sites.
    Gene Silencing: Theory Techniques and Applications, Nova Science Publishers,287-319. [PDF]

2009

  • Naito Y, Yoshimura J, Morishita S, Ui-Tei K. (2009)
    siDirect 2.0: updated software for designing functional siRNA with reduced seed-dependent off-target effect.
    BMC Bioinformatics 10, 392. [PDF]
  • Ui-Tei K, Nishi K, Naito Y, Zenno S, Juni A, Saigo K. (2009)
    Reduced base-base interactions between the DNA seed and RNA target are the major determinants of a significant reduction in the off-target effect due to DNA-seed-containing siRNA.
    Proceedings of the 2009 Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2009), 298-304. [PDF]
  • Naito Y, Nishi K, Juni A, Ui-Tei K. (2009)
    Functional shRNA expression system with reduced off-target effects.
    Proceedings of the 2009 Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2009), 291-297. [PDF]
  • Naito Y, Saigo K, Ui-Tei K. (2009)
    Experimental validation of published siRNA design algorithms.
    Small Interfering RNA: New Research, 185-194.
  • Ui-Tei K, Naito Y, Zenno S, Nishi K, Juni A, Tanaka A, Saigo K. (2009)
    Bipartite roles of the central region of the siRNA guide strand in RNA interference due to modified siRNA with a DNA seed arm.
    Research Advances in Nucleic Acids Research, 3, 1-17.

2008

  • Ui-Tei K, Naito Y, Nishi K, Juni A, Saigo K. (2008)
    Thermodynamic stability and Watson-Crick base pairing in the seed duplex are major determinants of the efficiency of the siRNA-based off-target effect.
    Nucleic Acids Res. 36, 7100-7109. [PDF]
  • Ui-Tei K, Zenno S, Naito Y, Takahashi F, Nishi K, Juni A, Tanaka A, Saigo K. (2008)
    DNA-modified siRNA-dependent gene silencing with reduced off-target effect is induced through a pathway parallel to that for siRNA-mediated RNA interference.
    Proceedings of the 2008 Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2008), 339-345. [PDF]
  • Piao Z-F, Takahashi F, Saigo K, Ui-Tei K. (2008)
    RNAi microarray by reverse transfection of siRNA and shRNA for functional genomics.
    Proceedings of the 2008 Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2008), 346-351. [PDF]
  • Naito Y, Saigo K, Ui-Tei K. (2008)
    Evaluation of published rational siRNA design algorithms using firefly luciferase gene as a reporter.
    RNA interference research progress, 3-11. [PDF]
  • Okamoto M, Tomonari S, Naito Y, Saigo K, Noji S, Ui-Tei K, Ohuchi H. (2008)
    Introduction of silencing-inducing transgene against Fgf19 does not affect expression of Tbx5 and β3-tubulin in the developing chicken retina.
    Dev. Growth Differ. 50, 159-168. [PubMed]
  • Ui-Tei K, Naito Y, Zenno S, Nishi K, Yamato K, Takahashi F, Juni A, Saigo K. (2008)
    Functional dissection of siRNA sequence by systematic DNA substitution: modified siRNA with a DNA seed arm is a powerful tool for mammalian gene silencing with significantly reduced off-target effect.
    Nucleic Acids Res. 36, 2136-2151. [PDF]
  • Yamato K, Yamada T, Kizaki M, Ui-Tei K, Natori Y, Fujino M, Nishihara T, Ikeda Y, Nasu Y, Saigo K, Yoshinouchi M. (2008)
    New highly potent and specific E6 and E7 siRNAs for treatment of HPV16 positive cervical cancer.
    Cancer Gene Ther. 15, 140-153. [PDF]
  • Sasaki N, Okishio K, Ui-Tei K, Saigo K, Kinoshita-Toyoda A, Toyoda H, Nishimura T, Suda Y, Hayasaka M, Hanaoka K, Hitoshi S, Ikenaka K, Nishihara S. (2008)
    Heparan sulfate regulates self-renewal and pluripotency of embryonic stem cells.
    J. Biol. Chem. 283, 3594-3606. [PDF]

2007

  • Nishi K, Saigo K. (2007)
    Cellular internalization of green fluorescence protein fused with herpes simplex virus protein VP22 via a lipid-raft-mediated endocytic pathway independent of caveolae and Rho family GTPases but dependent on dynamin and Arf6.
    J. Biol. Chem. 282, 27503-27517. [PDF]
  • Nishimura I, Ui-Tei K, Saigo K, Ishii H, Sakuma Y, Kato M. (2007)
    17β-estradiol at physiological concentrations augments Ca2+-activated K+ currents via estrogen receptor β in the GnRH neuronal cell line GT1-7.
    Endocrinology 149, 774-782. [PDF]
  • Ui-Tei K, Zenno S, Saigo K.(2007)
    Sequence requirements for effective mammalian RNAi induced by short double-stranded RNAs equal to or more than 22bp in length.
    Antisense Elements (Genetics) Research Focus, 141-160.[PDF]
  • Naito Y,Nohtomi K, Onogi T, Uenishi R, Ui-Tei K, Saigo K, Takebe Y. (2007)
    Optimal design and validation of antiviral siRNA for targeting HIV-1.
    Retrovirology 6, 80.[PDF]
  • Kojima S, Matsumoto K, Hirose M, Shimada M, Nagano M, Shigeyoshi Y, Hoshino SI, Ui-Tei K, Saigo K, Green CB, Sakaki Y, Tei H. (2007)
    LARK activates posttranscriptional expression of an essential mammalian clock protein, PERIOD1.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 104, 1859-1864. [PDF]
  • Ui-Tei K, Naito Y, Saigo K. (2007)
    Guidelines for the selection of effective short-interfering RNA sequences for functional genomics.
    Methods Mol. Biol. 361, 201-216. [PubMed]

2006

  • Ui-Tei K, Naito Y, Saigo K. (2006)
    Essential notes regarding the design of functional siRNAs for efficient mammalian RNAi.
    J. Biomed. Biotechnol. 2006, 65052. [PDF]
  • siVirus web server at http://siVirus.RNAi.jp/
    Naito Y, Ui-Tei K, Nishikawa T, Takebe Y, Saigo K. (2006)
    siVirus: web-based antiviral siRNA design software for highly divergent viral sequences.
    Nucleic Acids Res. 34, W448-W450. [PDF]
  • Kamiyama S, Sasaki N, Goda E, Ui-Tei K, Saigo K, Narimatsu H, Jigami Y, Kannagi R, Irimura T, Nishihara S. (2006)
    Molecular cloning and characterization of a novel 3′-phosphoadenosine 5′-phosphosulfate transporter, PAPST2.
    J. Biol. Chem. 281, 10945-10953. [PDF]

2005

  • Ui-Tei K, Zenno S, Juni A, Saigo K. (2005)
    RNAi induced in mammalian and Drosophila cells via transfection of dimers and trimers of short interfering RNA.
    J. RNAi Gene Silencing 1, 79-87. [PDF]
  • dsCheck web server at http://dsCheck.RNAi.jp/
    Naito Y, Yamada T, Matsumiya T, Ui-Tei K, Saigo K, Morishita S. (2005)
    dsCheck: highly sensitive off-target search software for double-stranded RNA-mediated RNA interference.
    Nucleic Acids Res. 33, W589-W591. [PDF]
  • Takahashi M, Takahashi F, Ui-Tei K, Kojima T, Saigo K. (2005)
    Requirements of genetic interactions between Src42A, armadillo and shotgun, a gene encoding E-cadherin, for normal development in Drosophila.
    Development 132, 2547-2559.[PDF]
  • Niimura M, Isoo N, Takasugi N, Tsuruoka M, Ui-Tei K, Saigo K, Morohashi Y, Tomita T, Iwatsubo T. (2005)
    Aph-1 contributes to the stabilization and trafficking of the gamma-secretase complex through mechanisms involving intermolecular and intramolecular interactions.
    J. Biol. Chem. 280, 12967-12975. [PDF]

2004

  • Takagi Y, Nomizu M, Ui-Tei K, Tokushige N, Hirohashi S. (2004)
    Active sites in the carboxyl-terminal region of the laminin alpha chain in Drosophila neuronal cell spreading.
    Arch. Insect. Biochem. Physiol. 56, 162-169. [PubMed]
  • siDirect web server at http://design.RNAi.jp/
    Naito Y, Yamada T, Ui-Tei K, Morishita S, Saigo K. (2004)
    siDirect: highly effective, target-specific siRNA design software for mammalian RNA interference.
    Nucleic Acids Res. 32, W124-W129. [PDF]
    Top web server issue paper 2004, Nucleic Acids Research, Oxford University Press Award★
  • Ui-Tei K, Ueda R, Zenno S, Takahashi F, Doi N, Naito Y, Yamamoto M, Hashimoto N, Takahashi K, Hamada T, Tokunaga T, Saigo K. (2004)
    RNA-interference, induced by transient and continuous expression of hairpin RNA in cells from Drosophila and mammals.
    Mol. Biol. 38, 276-287. [PubMed]
  • Ui-Tei K, Naito Y, Takahashi F, Haraguchi T, Ohki-Hamazaki H, Juni A, Ueda R, Saigo K. (2004)
    Guidelines for the selection of highly effective siRNA sequences for mammalian and chick RNA interference.
    Nucleic Acids Res. 32, 936-948. [PDF]
    Top standard category paper 2004, Nucleic Acids Research, Oxford University Press Award★
  • Mishima T, Hamada T, Ui-Tei K, Takahashi F, Miyata Y, Imaki J, Suzuki H, Yamashita K. (2004)
    Expression of DDAH1 in chick and rat embryos.
    Dev. Brain Res. 148, 223-232. [PDF]

2003

  • Kato M, Ui-Tei K, Watanabe M, Sakuma Y. (2003)
    Characterization of voltage-gated calcium currents in gonadotropin-releasing hormone neurons tagged with green fluorescent protein in rats.
    Endocrinology 144, 5118-5125. [PDF]
  • Iwabuchi M, Ui-Tei K, Yamada K, Matsuda Y, Sakai Y, Tanaka K, Ohki-Hamazaki H. (2003)
    Molecular cloning and characterization of avian bombesin-like peptide receptors: new tools for investigating molecular basis for ligand selectivity.
    Br. J. Pharmacol. 139, 555-566. [PDF]
  • Doi N, Zenno S, Ueda R, Ohki-Hamazaki H, Ui-Tei K, Saigo K. (2003)
    Short-interfering-RNA-mediated gene silencing in mammalian cells requires Dicer and eIF2C translation initiation factors.
    Curr. Biol. 13, 41-46. [PDF]

2002

  • Hamada T, Ui-Tei K, Imaki J, Takahashi F, Onodera H, Mishima T, Miyata Y. (2002)
    The expression of SCDGF/PDGF-C/fallotein and SCDGF-B/PDGF-D in the rat central nervous system.
    Mech. Dev. 112, 161-164. [PDF]
  • Seike M, Gemma A, Hosoya Y, Hosomi Y, Okano T, Kurimoto F, Uematsu K, Tekenaka K, Yoshimura A, Shibuya M, Ui-Tei K, Kudoh S. (2002)
    The pomoter region of the human BUBR1 gene and its expression analysis in lung cancer.
    Lung Cancer 38, 229-234. [PDF]
  • Uwo MF, Ui-Tei K, Park P, Takeda M. (2002)
    Replacement of midgut epithelium in the greater wax moth, Galleria mellonela, during larval-pupal moult.
    Cell Tissue Res. 308, 319-331. [PDF]

2001

  • Piao ZF, Ui-Tei K, Nagano M, Miyata Y. (2001)
    Participation of Intracellular Ca2+/calmodulin and Protein Kinase(s) in the Pathway of Apoptosis Induced by a Drosophila Cell Death Gene, reaper.
    Mol. Cell. Biol. Res. Commun. 4, 307-312. [PDF]
  • Hamada T, Ui-Tei K, Imaki J, Miyata Y. (2001)
    Molecular Cloning of SCDGF-B, a Novel Growth Factor Homologous to SCDGF/PDGF-C/fallotein.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 280, 733-737. [PDF]

2000

  • Ui-Tei K, Zenno S, Miyata Y, Saigo K. (2000)
    Sensitive assay of RNA interference in Drosophila and chinese hamster cultured cells using firefly luciferase gene as target.
    FEBS Lett. 479, 79-82. [PDF]
  • Ui-Tei K, Nagano M, Miyata Y. (2000)
    Calmodulin-dependent and -independent apoptosis in cells of a Drosophila neuronal cell line.
    Apoptosis 5, 133-140. [PDF]
  • Nagano M, Ui-Tei K, Suzuki H, Piao Z, Miyata Y. (2000)
    CDK inhibitors suppress apoptosis induced by chemicals and by excessive expression of a cell death gene, reaper, in Drosophila cell.
    Apoptosis 5, 543-550. [PDF]
  • Usui-Aoki K, Ito, H, Ui-Tei K, Takahashi K, Lukacsovich T, Awano W, Nakata H, Piao ZF, Nilsson EE, Tomida J, Yamamoto D.(2000)
    Formation of the male-specific muscle in female Drosophila by ectopic fruitless expression.
    Nat. Cell Biol. 2, 500-506. [PDF]
  • Hamada T, Ui-Tei K, Miyata Y. (2000)
    A novel gene derived from developing spinal cords, SCDGF, is a unique member of the PDGF/VEGF family.
    FEBS Lett. 475, 97-102. [PDF]
  • Takagi Y, Ui-Tei K, Hirohashi Y. (2000)
    Adhesion-dependent tyrosine phosphorylation of Enabled in Drosophila neuronal cell line.
    Biochem. Biophys. Res. Commun. 270, 482-487. [PDF]
  • Ui-Tei K, Miyata Y.(2000)
    Cell lines derived from Drosophila larval central nervous system and their practical applications.
    Drosophila Information Service 83, 188-189. [PDF]


和文総説

2017

  • 高橋朋子、程久美子 (2017) 
    「RNA干渉法の核酸医薬への利用(1)」
    日本核酸医薬学会誌、21, 14-21.
  • 中野悠子、高橋朋子、程久美子 (2017)
    「第1章 核酸医薬品における開発の現状と安全性評価、第4節 siRNAの利点と技術開発・安全性評価」
    次世代を担う、核酸医薬、免疫療法、遺伝子治療、細胞医薬品の課題と各疾患治療への横断的展開, 印刷中, 技術情報協会.

2016

  • ガリポン・ジョゼフィーヌ、石黒宗、冨田勝、程久美子 (2016)
    「RNA-SeqによるA-to-I RNA編集の検出」
    NGS アプリケーション RNA-Seq実験ハンドブック, 113-117, 羊土社.
  • 高橋朋子、程久美子 (2016)
    「核酸医薬とsmall RNA」
    DOJIN BIOSCIENCEシリーズ「ノンコーディングRNA」, 146-153, 化学同人.

2015

  • 程久美子、高橋朋子 (2015)
    「ノンコーディングRNAの生体機能と医薬応用の現状」
    核酸医薬の創製と応用展開, 13-20, シーエムシー出版.
  • 程久美子 (2015)
    「ヒトRNAiの発見とその応用的意味」
    実験医学増刊 ノンコーディングRNAテキストブック, 32-33, 羊土社.

2014

  • 高橋朋子, 程久美子 (2014)
    「第2章 12. miRBase ~マイクロRNAのデータベース~」
    実験医学増刊 今日から使える!データベース・ウェブツール,86-87, 羊土社.
  • 高橋朋子, 程久美子 (2014)
    「第2章 13.マイクロRNAの標的予測ウェブサイト」
    実験医学増刊 今日から使える!データベース・ウェブツール,88-91, 羊土社.
  • 日野 公洋、内藤 雄樹、坊農 秀雅、程 久美子 (2014)
    「第2章 24. CRISPRdirect ~CRISPR/Cas9ゲノム編集法のガイドRNA設計ツール~」
    実験医学増刊 今日から使える!データベース・ウェブツール,114-115, 羊土社.
  • 日野 公洋、内藤 雄樹、坊農 秀雅、程 久美子 (2014)
    「CRISPR/Casシステムにおけるターゲット配列の認識機構とオフターゲット効果の現状」
    実験医学 ゲノム編集法の新常識! CRISPR/Casが生命科学を加速する,1697-1703, 羊土社.
  • 程 久美子 (2014)
    「オフターゲット効果が少ない標的遺伝子特異的RNA干渉法」
    遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発, 技術情報協会.

2013

  • 西 賢二、日野 公洋、程 久美子 (2013)
    「実践編Ⅰ章―2 遺伝子発現抑制効果を評価する siRNAによるRNAiを例に」
    実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 原理からよくわかるリアルタイムPCR, 83-90, 羊土社.

2012

  • 程 久美子 (2012)
    「RNAiにおけるオフターゲット効果 Off-target control in RNAi」
    BIO INDUSTRY 核酸医薬の開発動向, 30-34, シーエムシー出版.
  • 程 久美子、北條 浩彦 (2012)
    「第3章 RNAi実験の準備と実践 1. RNAiの原理」
    実験医学別冊 目的別で選べる 遺伝子導入プロトコール,40-43, 羊土社.
  • 程 久美子 (2012)
    「第3章 RNAi実験の準備と実践 2. siRNAデザインの方法と検索ウェブサイト」
    実験医学別冊 目的別で選べる 遺伝子導入プロトコール,44-49, 羊土社.
  • 西 賢二、高橋 朋子、長沢 達矢、程 久美子 (2012)
    「第3章 RNAi実験の準備と実践 3. 修飾基のついたsiRNAのRNAi効果とその選択」
    実験医学別冊 目的別で選べる 遺伝子導入プロトコール, 50-54, 羊土社.

2010

  • 内藤 雄樹、山田 智之、程 久美子、森下 真一、西郷 薫 (2010)
    「効率的なsiRNAの設計」
    RNA工学の基礎と応用(普及版) , 104-113, シーエムシー出版.
  • 内藤 雄樹、程 久美子 (2010)
    「培養細胞での遺伝子ノックダウン法 哺乳類細胞での標的遺伝子を特異的にノックダウンできるsiRNAの選択法」
    改訂第5版 新 遺伝子工学ハンドブック, 209-214, 羊土社.
  • 西 賢二、程 久美子 (2010)
    「培養細胞での遺伝子ノックダウン法 siRNAおよびmiRNAによる遺伝子ノックダウン」
    改訂第5版 新 遺伝子工学ハンドブック, 215-220, 羊土社.

2009

  • 程 久美子 (2009)
    「RNA干渉」
    東大式 現代用語ナビ, 94-95, 化学同人. [Link]

2008

  • 内藤 雄樹、程 久美子 (2008)
    「RNA干渉実験のためのウェブツール」
    実験医学(増刊)バイオデータベースとソフトウェア最前線, 104-111, 羊土社. [Link]
  • 西 賢二、程 久美子 (2008)
    「shRNAライブラリーを用いた特定分子経路の網羅的解析法」
    RNA実験ノート 下巻, 小分子RNAの解析からRNAiへの応用まで, 93-98, 羊土社. [Link]
  • 内藤 雄樹、西 賢二、善野 修平、西郷 薫、程 久美子 (2008)
    「RNAiによる遺伝子発現抑制効果の評価」
    原理からよくわかるリアルタイムPCR実験ガイド, 85-95, 羊土社. [Link]

2007

  • 杉本 亜砂子、程 久美子 (2007)
    「RNA干渉:二本鎖RNAによる新しい遺伝子発現抑制機構の発見」
    科学, 77, 13-15.

2006

  • 程 久美子、 北條 浩彦 編集 (2006)
    「RNAi実験なるほどQ&A」2006年10月1日, 羊土社.
  • 程 久美子 企画 (2006)
    「これで上手くいく!RNAi実験のTips」
    バイオテクノロジージャーナル 2006年1-2月号, 羊土社.
  • 程 久美子、西郷 薫 (2006)
    「遺伝子発現操作ー細胞ー」
    遺伝子工学集中マスター [編集:山本 雅、仙波 健太郎] p.65-73. 2006年12月20日, 羊土社.
  • 程 久美子、西郷 薫 (2006)
    「培養細胞へのトランスフェクションによるRNAi」
    バイオテクノロジージャーナル 6, 29-33.
  • 程 久美子 (2006)
    「ポストゲノムシークエンス時代の遺伝子機能解析法-RNAi」
    バイオテクノロジージャーナル 8, 20-22.
  • 内藤 雄樹、山田 智之、程 久美子、森下 真一、西郷 薫 (2006)
    「siRNA選択法 -配列を選択するか、効けば良いか」
    バイオテクノロジージャーナル 6, 23-28.

2005

  • 程 久美子、西郷 薫 (2005)
    「RNAiの原理と有効なsiRNA設計法」
    実験医学 23, 559-563.
  • 山田 智之、内藤 雄樹、程 久美子、森下 真一、西郷 薫 (2005)
    「効果的なsiRNAを設計するには?」
    生化学 77, 519-1525.
  • 内藤 雄樹、山田 智之、程 久美子、森下 真一、西郷 薫 (2005)
    「効率的なsiRNAの設計」
    RNA工学の最前線 104-113. シーエムシー出版.

2004

  • 程 久美子、 西郷 薫 (2004)
    「II. ゲノムネットワークリソースの整備 7. RNAiのメカニズムとsiRNA配列設計法」
    蛋白質核酸酵素 増刊号「ゲノムネットワーク」48, 2662-2670.
  • 程 久美子、西郷 薫 (2004)
    「RNAiのメカニズムとsiRNA配列設計法」
    蛋白質核酸酵素(増刊号)49, 2662-2670, 共立出版.
  • 程 久美子 (2004)
    「膨大な遺伝子情報から機能を探る手法」
    東京大学 バイオインフォマテイクス集中講義 78-83. [編集:高木 利久] 2004年6月10日, 羊土社.
  • 程 久美子、西郷 薫 (2004)
    「哺乳動物におけるRNA interferenceの分子メカニズム」
    医学のあゆみ 208, 649-652.
  • 程 久美子、西郷 薫 (2004)
    「新しい遺伝子ノックダウン法RNAi-有効なsiRNAの配列選択法」
    Bioベンチャー 4, 41-44.
  • 程 久美子、内藤 雄樹、西郷 薫 (2004)
    「RNAi」
    先端の分析法 ~理工学からナノ・バイオまで~, 254-256, エヌ・ティー・エス.

2003

  • 程 久美子、善野 修平、高橋 邦明、上田 龍、西郷 薫 (2003)
    「RNAi法による逆遺伝学」
    ポストシークエンス タンパク質実験法4 構造・機能解析の実際、47-61. 東京化学同人.
  • 程 久美子、善野 修平、西郷 薫 (2003)
    「培養細胞でのsiRNAによるRNAi法」
    実験医学別冊 新訂 新遺伝子工学ハンドブック、243-246. 羊土社.
  • 土井 昇、善野 修平、程 久美子、西郷 薫 (2003)
    「siRNAによるRNAiの機構」
    遺伝子工学、7, 26(322)-31(327).

2002

  • 程 久美子、善野 修平、西郷 薫 (2002)
    「哺乳類培養細胞でのsiRNAによるRNAiプロトコル」
    細胞工学、21, 1057-1061. 秀潤社.
  • 高橋 史峰、浜田 剛、程 久美子(2002)
    「運動ニューロン生存活性を示す7SL RNAの同定と分布」
    最新医学、25, 1682-1686, 最新医学社.

2001

  • 程 久美子、善野 修平、宮田 雄平、西郷 薫 (2001)
    「RNA interferenceによる新しい遺伝子機能破壊法」
    Clinical Neuroscience、19, 744-745. 中外医学社.


学会発表等(2007~)

2017

  • 小林芳明、入部帆那、宮本健悟、高橋朋子、レオ・ジャスティーナ、相田美佐子、程久美子
    シード領域に化学修飾を導入したsiRNAは、立体障害によりオフターゲット効果を抑制する
    日本核酸医薬学会 第3回年会(2017.7.13) 札幌コンベンションセンター
    ★日本核酸医薬学会 第3回年会 優秀発表者賞(川原賞) 受賞★
  • <招待講演>
    程久美子
    修飾塩基を利用した塩基配列の制限がないsiRNAによる遺伝子ノックダウン
    日本化学会関東支部群馬地区講演会(2017.7.10) 群馬大学桐生キャンパス
  • <招待講演>
    程久美子
    化学修飾による立体障害を利用したヒト全遺伝子に対する1遺伝子特異的ノックダウン
    第384回情報計算化学生物学会CBI(The Chem-Bio Informatics Society) 講演会(2017.5.25) 東京工業大学・キャンパスイノベーションセンター(CIC田町)
  • 丸山翔平、王青波、李雨恬、程久美子
    CRISPRシステムにおけるdCas9による遺伝子抑制作用の解析
    第17回東京大学生命科学シンポジウム(2017.4.15) 東京大学・安田講堂

2016

  • Masataka Suzawa, Kentaro Noguchi, Kenji Nishi, Hiroko Kozuka-Hata, Masaaki Oyama, Kumiko Ui-Tei.
    Comprehensive identification of nuclear and cytoplasmic proteins associated with TNRC6A
    生物科学専攻リトリート2017 (2017.3.7)群馬県利根郡 水上温泉『松ノ井』
  • 中野悠子、高橋朋子、村上文則、程久美子
    TRBPと相互作用するmiRNAの網羅的解析
    Global analysis of miRNAs interacting with TRBP
    生物科学専攻リトリート2017 (2017.3.6)群馬県利根郡 水上温泉『松ノ井』
  • 小林芳明、ガリポン・ジョゼフィーヌ、程久美子
    相乗的なmiRNA活性化によるゲノムワイドなRNAサイレンシングの制御
    Synergistic miRNA activation regulates genome-wide RNA silencing
    生物科学専攻リトリート2017 (2017.3.6)群馬県利根郡 水上温泉『松ノ井』
  • <招待講演>
    程久美子
    女性研究者のトリレンマ
    東北大学 多元物質科学研究所 男女共同参画講演会 (2017.2.20) 東北大学南総合研究棟2大会議室
  • Yuko Nakano, Tomoko Takahashi, Fuminori Murakami, Kumiko Ui-Tei
    Identification of interacting RNAs with an RNA silencing enhancer TRBP.
    文部科学省科学研究費新学術領域研究「先進ゲノム支援」国際シンポジウム"The Start of New Genomics"(2017.1.10) 東京大学伊藤学術研究センター伊藤謝恩ホール
  • 明奕博、ガリポン・ジョゼフィーヌ、程 久美子
    microRNA前駆体のA-to-I編集による成熟microRNAのストランド選択への影響
    第39回日本分子生物学会年会(2016.12.2) パシフィコ横浜
  • 丸山翔平、王青波、李雨恬、程久美子
    CRISPRシステムにおけるCas9とdCas9の遺伝子抑制作用の比較
    第39回日本分子生物学会年会(2016.12.1) パシフィコ横浜
  • 高橋朋子、中野悠子、尾野本浩司、小森千晶、米山光俊、程久美子
    ヒト細胞における、RNAサイレンシングと抗ウイルス反応のクロストーク
    Crosstalk mechanism between RNA silencing and antiviral response in human cells
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
    ★第39回日本分子生物学会年会 優秀ポスター賞受賞★
  • 中野悠子、高橋朋子、村上文則、程久美子
    二本鎖RNA結合タンパク質TRBPと相互作用するRNAの網羅的解析によるTRBPの新規機能の解明
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
  • 須澤壮崇、西賢二、秦裕子、尾山大明、程久美子
    ヒトGW182ファミリータンパク質のリン酸化によるRNAサイレンシング活性の制御
    Regulation of miRNA-mediated gene silencing activity through phosphorylation of hGW182 family proteins
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
  • 小森千晶、高橋朋子、程久美子
    二本鎖RNA結合タンパク質TRBPとHIV-1 TAR RNAの相互作用にDicerが与える影響
    Effects of Dicer on interaction of a double-stranded RNA binding protein, TRBP, with HIV-1 TAR RNA
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
  • 小林芳明、ガリポン・ジョゼフィーヌ、程久美子
    細胞内miRNA活性化システムの包括的な理解
    Comprehensive understanding of miRNA activation system in the cells
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
  • 野口賢太郎、須澤壮崇、西賢二、秦裕子、尾山大明、程久美子
    ヒトTNRC6Aタンパク質の核内相互作用因子の同定と機能解析
    第39回日本分子生物学会年会(2016.11.30) パシフィコ横浜
  • Kumiko Ui-Tei, Piotr J. Kamola, Naoki Hibio, Tomoko Takahashi, Yuko Nakano
    Thermodynamic regulation of the efficiency of RNA silencing and its evolutionary perspective.
    Cell Symposia Functional RNAs (2016.11.7-8) Langham Place Hotel, Guangzhou, China
  • Tomoko Takahashi, Yuko Nakano, Kiji Onomoto, Chiaki Komori, Mitsutoshi Yoneyama, Kumiko Ui-Tei
    Mutual regulation between RNA silencing and anti-virus defense system.
    Cell Symposia Functional RNAs (2016.11.7-8) Langham Place Hotel, Guangzhou, China
  • Yuko Nakano,Tomoko Takahashi, Fuminori Murakami, Kumiko Ui-Tei
    Global analysis of interacting and/or regulating RNAs of a double-stranded RNA binding protein,TRBP, and its associated proteins to define the not-well-determined function.
    Cell Symposia Functional RNAs (2016.11.7-8) Langham Place Hotel, Guangzhou, China
  • Josephine Galipon, Soh Ishiguro, Rintaro Ishii, Hideaki Kume, Yutaka Suzuki, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I editomes indicate genome-wide regulation of gene expression via ADAR-isoform specific miRNA editing.
    International conference on systems biology (2016.9.19) Barcelona Palau de Congressos, Barcelona, Spain
  • Josephine Galipon, Soh Ishiguro, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I editome reveals ADAR-isoform specific patterns of sequence and structure on miRNA.
    The 2016 joint annual meeting of the RNA Society and the RNA Society of Japan (RNA 2016) (2016.6.28-7.2) the International Conference Center in Kyoto, Kyoto, Japan
  • 須澤壮崇、西賢二、程久美子
    ヒトGW182ファミリータンパク質のリン酸化による細胞内局在とRNAサイレンシング活性の制御
    第16回東京大学生命科学シンポジウム(2016.4.23)東京大学 駒場キャンパス

2015

  • Josephine Galipon, Soh Ishiguro, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I editomes.
    Quantitative Biology: force, information and dynamics: X factors shaping living systems(2016.1.12) National Institute of Genetics,Mishima, Japan
  • Kumiko Ui-Tei
    Suppression of siRNA off-target effect by chemical modifications which regulate thermodynamics in nucleotide base-pairing
    2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) (2015.12.17) Hawaii Convention Center,HI,USA
  • 王 青波、内藤 雄樹、程 久美子
    ゲノムサイズの異なる生物種における、標的遺伝子特異的なCRISPR/Cas9ガイドRNAの網羅的同定
    BMB2015 (2015.12.4) 神戸ポートアイランド
  • Yvelt Ming, Kenji Nishi, Tomoko Takahashi, Masataka Suzawa, Kumiko Ui-Tei
    Nuclear transport of TNRC6A protein is regulated by the amount of Argonaute protein in the cytoplasm
    BMB2015 (2015.12.2) 神戸ポートアイランド
  • 小森千晶、高橋朋子、村上文則、程久美子
    二本鎖RNA結合タンパク質TRBPとHIV-1 TAR RNAおよびmicroRNAとの相互作用
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  • 中野悠子、高橋朋子、尾野本浩司、米山光俊、程久美子
    RNAサイレンシングと抗ウイルス応答のクロストーク機構の解析
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  • Soh Ishiguro, Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    Genome-wide identification of A-to-I editing in human miRNA by ADAR isoform-specific RIP-sequencing
    BMB2015 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  • <招待講演>
    高橋朋子、宮川拓也、善野修平、田之倉優、程久美子
    哺乳類細胞における、アポトーシス誘導によるRNAサイレンシング調節因子TRBPの機能変換
    BMB2015 ワークショップ「RNA機能を制御する酵素・複合体再考」 (2015.12.1) 神戸ポートアイランド
  • <招待講演>
    程久美子
    RNA核酸医薬の展開 -RNA干渉からCRISPRゲノム編集-
    第1回日本核酸医薬学会年会(2015.11.30) 京都テルサ
  • Qingbo Wang, Yuki Naito, Kumiko Ui-Tei
    Computational identification of CRISPR/Cas9 target sites revealed potential off-target risks in human and mouse genomes.
    Conference on Transposition and Genome Engineering 2015 (2015.11.18) Nara Kasugano International Forum IRAKA, Japan
  • 飯笹 久、坂田 健一郎、前田 浩次郎、柳原 五吉、久保 貴紀、吉山 裕規、程 久美子、浜田 淳一
    RNA 編集酵素 ADAR2 は、ヒト悪性中皮腫において oncomiR のプロセッシングと悪性化を制御する
    第74回日本癌学会学術総会(2015.10.8) 名古屋国際会議場
  • Qingbo Wang, Yuki Naito, Kumiko Ui-Tei
    Genome-wide identification of CRISPR/Cas9 target sites with reduced off-target effects in organisms with different genome sizes. 
    CSHL Meeting on GENOME ENGINEERING: THE CRISPR/CAS REVOLUTION(2015.9.24-27)Cold Spring Horbor Laboratory,NY,USA
  • 村上 文則、高橋 朋子、程 久美子
    RNAサイレンシングに関わる二本鎖RNA結合タンパク質TRBPが結合するmicroRNAの網羅的解析
    新学術領域研究『ゲノム支援』 2015年度拡大班会議 (2015.8.27)国立京都国際会館 アネックスホール
  • 飯笹 久、坂田 健一郎 、Josephine Galipon、石黒 宗、前田 浩次郎、柳原 五吉、久保 貴紀、吉山 裕規、程 久美子、浜田 淳一
    RNA 編集酵素 ADAR2 は、oncomiR のプロセッシングを制御する
    第17回日本RNA学会年会 (2015.7.15-17)ホテルライフォート札幌
  • 中野悠子、高橋朋子、程久美子
    RNAサイレンシング機構における二本鎖RNA結合タンパク質の機能解析
    第15回東京大学生命科学シンポジウム (2015.6.27)東京大学 武田先端知ビル
  • Kumiko Ui-Tei, Hanna Iribe, Jastina Leo, Tomoko Takahashi
    Establishment of a target gene-specific and off-target effect-reduced RNAi system using chemical modifications affecting thermodynamics.
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」 第8回公開シンポジウム (2015.6.8)東北大学 片平さくらホール(宮城)
  • Josephine Galipon, Soh Ishiguro, Rintaro Ishii, Hideaki Kume, Kimihiro Hino, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I RNA editing fine-tunes miRNA function in human cells.
    2nd Symposium on Complex Biodynamics & Networks (Bio 2015) (2015.5.11-13)慶應義塾大学鶴岡メタボロームキャンパス(山形)

2014

  • Hisashi Iizasa, Kenichiro Sakata, Josephine Galipon, Kojiro Maeda, Soh Ishiguro, Nozomi Sakurai, Hironori, Yoshiyama, Kazuyoshi Yanagihara, Takanori Kubo, Yoshimasa Kitagawa, Hideyuki Kawauchi, Kumiko Ui-Tei, Junichi Hamada
    A-to-I RNA editing enzyme ADAR2 regulates malignancy in human pleural mesothelioma.
    Gordon Research Conference on RNA editing(2015.3.8-13) Lucca (Barga), Italy
  • Yuki Naito, Kimihiro Hino, Kumiko Ui-Tei, Hidemasa Bono
    CRISPRdirect: web-based tool for designing CRISPR/Cas guide RNA with reduced off-target sites
    Oxford Symposia CRISPR 2015 OXFORD: Technology and Application(2015.3.23)St. Hilda’s College, Oxford, UK
  • Kumiko Ui-Tei, Fuminori Murakami, Tomoko Takahashi
    Global identification of the interacting RNAs with dual functional RNA binding protein TRBP by next-generation sequencing
    International Symposium on Genome Science 2015"Expanding Frontiers of Genome ScienceⅡ"(2015.1.20)一ツ橋ホール
  • 日野 公洋、程 久美子
    「CRISPR/Cas9システムにおけるゲノム切断効率に対するガイドRNA標的認識領域塩基長の影響」
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • Hideaki Kume, Kimihiro Hino, Josephine Galipon, Kumiko Ui-Tei
    "Re-targeting and modulation of silencing efficiency by miRNAs with A-to-I editing in the seed region"
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • Tomoko Takahashi, Shuhei Zenno, Kenji Nishi, Kumiko Ui-Tei
    "Functional conversion of a key regulator of RNA silencing, TRBP, during apoptosis in mammalian cell"
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • 村上 文則、高橋 朋子、程 久美子
    「二本鎖RNA結合タンパク質TRBPと相互作用するRNAの網羅的解析」
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • 須澤 壮崇、西 賢二、秦 裕子、尾山 大明、程 久美子
    「TNRC6Aタンパク質の核内複合体構成因子の網羅的同定とその解析」
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • 中野 悠子、高橋 朋子、程 久美子
    「小分子RNAによる遺伝子抑制機構におけるRNA結合タンパク質の機能解析」
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • Soh Ishiguro, Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    "Validation of A-to-I RNA editing sites identified by RIP-seq in human miRNAs"
    第37回日本分子生物学会年会(2014.11.26)パシフィコ横浜
  • <招待講演>
    Kumiko Ui-Tei
    Control of RNA silencing by thermodynamics in the nucleotide base-pairing
    第41回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2014) (2014.11.7)北九州国際会議場
  • <招待講演>
    Tomoko Takahashi, Kumiko Ui-Tei
    Selection of chemical modifications for a target gene-specific RNA interference
    The International Symposium of Chemistry and Biology of RNA Interference (ISCBRi) (2014.11.4)北九州国際会議場
  • 石黒 宗、Galipon Josephine、石井 倫太郎、鈴木 穣、近藤 仲二、岡田 眞里子、富田 勝、程 久美子
    ヒトのADARアイソフォームによるA-to-I miRNA編集の検出とその発現解析
    第6回 生命情報科学若手の会(2014.10.29-30)理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(CDB) 研究棟C棟1階
  • Kumiko Ui-Tei
    Clarification of roles played by each region of siRNA in RNA silencing by systematic DNA modifications
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」 第3回国際シンポジウム (2014.10.28)千里ライフサイエンスセンター・ライフホール
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Soh Ishiguro, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    Distinct patterns of A-to-I editings on miRNAs due to different ADAR isoforms
    新学術領域「ゲノム支援」2014年度 拡大班会議 (2014.8.20-21)神戸ポートピアホテル
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Soh Ishiguro1, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Masaru Tomita, Kumiko Ui-Tei
    Specificity of miRNA A-to-I editing by different human ADAR isoforms.
    第16回日本RNA学会年会 (2014.7.23) ウインクあいち
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada-Hatakeyama, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I editing of miRNAs by human ADAR isoforms.
    第4回理研ゲノム科学総合研究組織(GSC)七夕ミーティング (2014.7.11) 理化学研究所 横浜事業所交流棟ホール
  • 日野 公洋、程 久美子
    CRISPR/Cas9 systemを用いたゲノムへの変異導入法
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第5回若手研究者ワークショップ (2014.5.29)
    名古屋大学 坂田・平田ホール
  • 程 久美子、西 賢二、高橋 朋子
    化学修飾導入siRNAによる1遺伝子特異的ケムバイオケム型RNA干渉法の開発をめざして
    新学術領域研究「天然物ケミカルバイオロジー:分子標的と活性制御」第6回公開シンポジウム(2014.5.28) 名古屋大学 坂田・平田ホール
  • Kenji Nishi, Kumiko Ui-Tei
    Subcellular localization of TNRC6A is determined by Argonaute protein.
    第14回東京大学生命科学シンポジウム(BIO-UT 2014) (2014.4.26) 東京大学・伊藤国際学術研究センター
  • Kimihiro Hino, Kumiko Ui-Tei
    The preferable guide RNA sequence for efficient human genome engineering using CRISPR/Cas9 system.
    第14回東京大学生命科学シンポジウム(BIO-UT 2014) (2014.4.26) 東京大学・伊藤国際学術研究センター

2013

  • 程 久美子
    小分子RNA 作用マシナリーの調節機構ーゲノムワイドな遺伝子発現制御の分子メカニズム
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第5回領域会議 (2014.1.9) グランド エクシブ 那須白河
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Kumiko Ui-Tei
    Genome-wide identification of A-to-I editing on miRNAs.
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第5回領域会議 (2014.1.9) グランド エクシブ 那須白河
  • 今村 亮俊、越智 晴香、今町 直登、秋月 源、前川 翔、鈴木 穣、程 久美子、関水 和久、秋光 信佳
    RNA安定性調節を介した遺伝子発現システムの制御
    ワークショップ「RNAの包括的解析による細胞制御機構と疾患病態の解明」
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.4) 神戸ポートアイランド
  • Kenji Nishi, Tatsuya Nagasawa, Kumiko Ui-Tei
    Overexpression of Argonaute proteins inhibits the nuclear transport of TNRC6A
    The 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (2013.12.3) Kobe Port Island
  • 日野 公洋、程 久美子
    CRISPR/Cas9 ヒトゲノム編集システムにおける最適標的部位の選択
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.3) 神戸ポートアイランド
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Kumiko Ui-Tei
    A-to-I editing of human long non-coding RNAs
    The 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (2013.12.5) Kobe Port Island
  • Tomoko Takahashi, Shuhei Zenno and Kumiko Ui-Tei
    Two cooperative regions sites on in the non-seed region of DNA/RNA chimeric siRNA are associated with TRBP binding for effective RNAi activity.
    The 36th Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan (2013.12.3) Kobe Port Island
  • 村上 文則、日野 公洋、程 久美子
    RNAサイレンシングを制御する新規二本鎖RNA結合タンパク質の同定
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.3) 神戸ポートアイランド
  • 須澤 壮崇、西 賢二、鈴木 穣、程 久美子
    核内TNRC6Aの機能解明に向けた複合体構成因子の同定
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.3) 神戸ポートアイランド
  • 久米 秀明、日野 公洋、Galipon Josephine、石井 倫太郎、程 久美子
    マイクロRNAによる認識遺伝子抑制機構におけるA-to-I RNA編集の影響の解析
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.3) 神戸ポートアイランド
  • 越智 晴香、今村 亮俊、谷 英典、秋月 源、程 久美子、関水 和久、秋光 信佳
    核内機能性non-coding RNAの分解に関与するRNA結合蛋白質の同定
    第36回日本分子生物学会年会 (2013.12.4) 神戸ポートアイランド
  • Tomoko Takahashi, Shuhei Zenno, Kenji Nishi and Kumiko Ui-Tei
    “Efficient RNAi by DNA/RNA chimeric siRNA is associated with TRBP binding to the siRNA non-seed region.”
    第40回国際核酸化学シンポジウム(2013.11.13) 神奈川大学
  • Tomoko Takahashi, Takuya Miyakawa, Shuhei Zenno, Kenji Nishi, Masaru Tanokura and Kumiko Ui-Tei
    “Distinct in vitro siRNA-binding modes of human dsRNA-binding proteins, TRBP and PACT”
    2013 RiboClub Annual Meeting (2013.9.23-25) Quebec, Canada
  • Josephine Galipon, Rintaro Ishii, Kumiko Ui-Tei
    “Comprehensive analysis of A-to-I edited sites on non-coding RNA targets”
    2013 RiboClub Annual Meeting (2013.9.23-25) Quebec, Canada
  • 秋月 源、今村 亮俊、越智 晴香、谷 英典、関水 和久、程 久美子、秋光 信佳
    Long non-coding RNA,NEAT1v2の量的制御に関与するPUM1の解析
    第12回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム2013 (2013.9.14-15) 東京大学本郷キャンパス 大学院薬学系研究科
  • Tomoko Takahashi, Shuhei Zenno, Kenji Nishi and Kumiko Ui-Tei
    “Comparative study of In Vitro siRNA-Binding Modes of human dsRNA-binding proteins, TRBP and PACT”
    第13回東京大学生命科学シンポジウム(BIO-UT 2013) (2013.6.8) 東京大学・伊藤国際学術研究センター/小島ホール

2012

  • 芦本 徹、加藤 詩子、程 久美子、池ノ内 順一、梅田 真郷
    「形質膜におけるリン脂質動態解析-ショウジョウバエ培養細胞をモデルとして」
    第85回日本生化学会大会(2012.12.15) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Kenji Nishi, Ai Nishi, Tatsuya Nagasawa and Kumiko Ui-Tei
    “Human TNRC6A recruits Argonaute associated small RNA into the nucleus to lead RNA silencing”
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.14) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Rintaro Ishii, Yutaka Suzuki, Shinji Kondo, Mariko Okada, Kenji Nishi and Kumiko Ui-Tei
    “Next generation sequencing analysis of miRNA editing by adenosine deaminase acting on RNA”
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.14) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Naoki Hibio, Kimihiro Hino, Eigo Shimizu, Yoshiro Nagata and Kumiko Ui-Tei
    “Thermodynamic stability in base-pairing regulates the efficiency of small RNA-mediated gene silencing”
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.12 WorkShop) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Yuhei Nitta, Kazumichi Shimizu, Maki Otsubo, Kenji Nishi, Kumiko Ui-Tei, Tetsuya Tabata
    "Disco-interacting protein 2 (DIP2) regulates guidance of sister axons in the Drosophila mushroom body"
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.12) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Tomoko Takahashi, Kenji Nishi, Shuhei Zenno and Kumiko Ui-Tei
    "Distinguishable In Vitro siRNA-Binding Mechanisms of TRBP and PACT"
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.11) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Eigo Shimizu, Naoki Hibio, Yoshiro Nagata and Kumiko Ui-Tei
    “Microarray analysis of non-negligible effect of endogenous miRNAs on exogenous miRNA-mediated silencing activity”
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.11) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • Kimihiro Hino, Eigo Shimizu, Kumiko Ui-Tei
    “Development of high-throughput screening method to identify microRNA which maturation is inhibited at the processing steps”
    第35回日本分子生物学会年会(2012.12.11) 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡
  • 石井 倫太郎、鈴木 穣、近藤 伸二、岡田 眞里子、西 賢二、程 久美子
    「次世代シーケンサーを用いたADARによるmiRNAエディティングの網羅的解析」
    東京大学GCOE『ゲノム情報ビッグバンから読み解く生命圏』ワークショップ2012(2012.11.2)東京大学柏キャンパス 柏図書館1階 メディアプロムナード
  • <招待講演>
    Kumiko Ui-Tei
    “Target gene-specific RNAi for placental research.”
    International Federation of Placental Associations (IFPA) 2012 Hiroshima Meeting (2012.9.18 poster, 19 workshop) International Conference Center Hiroshima(Hiroshima)
  • 日比生 直樹、日野 公洋、清水 英悟、長田 喜郎、程 久美子
    「小分子RNA作用マシナリーの調節機構 - Stability in miRNA 5’terminal and seed regions is an evolutionarily selected determinant for silencing efficacy」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第4回領域会議 (2012.8.22) 西鉄グランドホテル(福岡)
  • Kenji Nishi, Tatsuya Nagasawa and Kumiko Ui-Tei
    “Human TNRC6A brings small RNA-containing Argonaute protein into the nucleus; an attempt to identify components of nuclear TNRC6A complex.”
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第4回領域会議 (2012.8.21) 西鉄グランドホテル(福岡)
  • 越智 晴香、 今村 亮俊、谷 英典、秋月 源、小島 周二、内海 文彰、程 久美子、関水 和久、秋光 信佳
    「核内機能性non-coding RNAの分解に関与するRNA結合蛋白質の同定」
    日本アイソトープ協会 エンライトニングセミナー (2012.7.12) 東京理科大学・森戸記念館
  • 石井 倫太郎、西 賢二、程 久美子
    「アデノシンデアミナーゼによるmiRNA エディティングの網羅的解析」
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012 BIO UT (2012.6.30) 東京大学・山上会館
  • 清水 英悟、日比生 直樹、長田 喜郎、程 久美子
    「細胞内miRNAによる遺伝子発現制御の外来性miRNA導入による摂動解析」
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012 BIO UT (2012.6.30) 東京大学・山上会館
  • 越智 晴香、今村 亮俊、谷 英典、秋月 源、程 久美子、関水 和久、秋光 信佳
    「核内機能性non-coding RNAの分解に関与するRNA結合蛋白質の同定」
    第12回 東京大学生命科学シンポジウム 2012 BIO UT (2012.6.30) 東京大学・山上会館
  • Tomoko Takahashi, Kenji Nishi, Shuhei Zenno and Kumiko Ui-Tei
    "Distinguishable In Vitro Binding Mode of TRBP and PACT with siRNA"
    RNA Sciences in Cell and Developmental Biology II(2012.6.11-12) RIKEN Center for Developmental Biology(Kobe)

2011

  • 石川 朋子、片山 映、石橋 宰、程 久美子、瀧澤 俊広
    「ヒト胎盤血管内皮細胞に発現しているIgG輸送体“IIb型Fc受容体(FcRIIb)-小胞”の制御機構の解明」
    第117回日本解剖学会総会・全国学術集会(2012.3.26-28) 山梨大学甲府キャンパス
  • 西 賢二、西 愛、程 久美子
    「核内RNAサイレンシングはヒトTNRC6A/GW182によるArgonauteの核内移行により引き起こされる」
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • Tomoko Takahashi, Kenji Nishi, Shuhei Zenno and Kumiko Ui-Tei
    "Comparative analysis of siRNA binding patterns of dsRNA binding proteins, TRBP and PACT"
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • 日比生 直樹、長田 喜郎、西 賢二、程 久美子
    「miRNAによるサイレンシング効率を決定する要因の同定」
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • 石井 倫太郎、西 賢二、程 久美子
    「2本鎖RNA特異的アデノシンデアミネースと相互作用するmiRNAの同定」
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • 長沢 達矢、程 久美子
    「RNAサイレンシング関連分子のヒトshRNAライブラリを用いたスクリーニング」
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • 清水 英悟、日比生 直樹、長田 喜郎、程 久美子
    「外来性miRNAのトランスフェクションによる内在性miRNAサイレンシング効果抑制のマイクロアレイ解析」
    第34回日本分子生物学会年会(2011.12.16) パシフィコ横浜
  • 程 久美子
    「小分子RNA作用マシナリーの調節機構 -ヒトTNRC6AによるAGOタンパク質の核内へのナビゲーションとその機能」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第3回領域会議 (2011.11) 東京大学・武田先端知ビル
  • 西 賢二、西 愛、程 久美子
    "Human TNRC6A is a nuclear-cytoplasmic shuttling protein which navigates Argonaute into the nucleus"
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第3回領域会議 (2011.11) 東京大学・武田先端知ビル
  • 日比生 直樹、長田 喜郎、西 賢二、程 久美子
    「MicroRNAサイレンシング効率の情報科学的解析」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第3回領域会議 (2011.11) 東京大学・武田先端知ビル
  • Tomoko Takahashi, Kenji Nishi, Shuhei Zenno and Kumiko Ui-Tei
    Identification of small interfering RNA binding domains of the TAR RNA binding protein (TRBP) and their molecular implication in RNA interference”
    Sixteenth Annual Meeting of the RNA Society (2011.6.14-18) Kyoto International Conference Center
  • <招待講演>
    程 久美子
    「高感度アレイを利用した小分子 RNA の作用機序の解明」
    2011 アジレント ゲノミクスフォーラム (2011.6.14) 東京
  • 日比生 直樹、長田 喜郎、西 賢二、程 久美子
    「microRNAサイレンシング活性の定量的解析」
    第11回 東京大学生命科学シンポジウム LSM SYMPOSIUM 2011 (2011.6) 東京大学・工学部2号館

2010

  • 西 賢二、田中 愛、程 久美子
    「ヒトGW182タンパク質の核―細胞質間輸送機構の解析」
    BMB2010 (2010.12) 神戸ポートアイランド
  • 高橋 朋子、西 賢二、善野 修平、程 久美子
    「siRNA非シード部位と二本鎖RNA結合タンパク質TRBPの相互作用」
    BMB2010 (2010.12) 神戸ポートアイランド
  • 日比生 直樹、長田 喜郎、内藤 雄樹、西 賢二、程 久美子
    「miRNAサイレンシング活性を決める要因の検討」
    BMB2010 (2010.12) 神戸ポートアイランド
  • 程 久美子
    「小分子RNA作用マシナリーの調節機構ー内在性miRNAサイレンシングの外来性miRNAによる抑制とその定量化」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第2回領域会議 (2010.10) 岡崎カンファレンスセンター
  • 高橋 朋子、西 賢二、善野 修平、程 久美子
    「2本鎖RNA結合タンパク質TRBPとsiRNA相互作用の解析」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第2回領域会議 (2010.10) 岡崎カンファレンスセンター
  • 内藤 雄樹、程 久美子
    「高いゲノム多様性をもつHIV-1を標的とする至適siRNAの設計」
    第20回日本数理生物学会年会(2010.9.16) 北海道大学学術交流会館
  • 幸長 弘子、平田 英周、村口 輝行、平尾 敦、程 久美子、松田 道行
    「FRET バイオセンサーを用いた癌細胞のトランスクリプトーム解析」Transcriptome of Glioblastoma Cells Sorted with FRET Biosensors
    第62回日本細胞生物学会大会(2010.5.19-21) 大阪国際会議場
  • Kenji Nishi, Ai Tanaka, Kumiko Ui-Tei
    “Identification of Nuclear Export Signal and Nuclear Localization Signal in Human GW182 Family Proteins”
    The 19th CDB Meeting "RNA Sciences in Cell and Developmental Biology(2010.5.10-12)RIKEN Center for Developmental Biology, Kobe, Japan
  • Yuki Naito, Jun Yoshimura, Shinichi Morishita, Kumiko Ui-Tei
    “siDirect 2.0: an Updated Website to Select Functional, Target-specific siRNA with Reduced Seed-dependent Off-target Effect for Mammalian Functional Genomics”
    The 19th CDB Meeting "RNA Sciences in Cell and Developmental Biology(2010.5.10-12)RIKEN Center for Developmental Biology, Kobe, Japan
  • 西 賢二、田中 愛、程 久美子
    「ヒトGW182タンパク質における核外移行シグナル及び核移行シグナルの同定」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム Todai BIO 2010(2010.5.1) 東京大学・安田講堂/工学部2号館
  • 内藤 雄樹、吉村 淳、森下 真一、程 久美子
    「siRNAのseed配列によるオフターゲット効果を最少とし、標的mRNA特異的抑制効果を示すsiRNA設計ウェブサーバの構築」
    第10回 東京大学生命科学シンポジウム Todai BIO 2010(2010.5.1) 東京大学・安田講堂/工学部2号館
  • <招待講演>
    Kumiko Ui-Tei
    “Modified siRNA is a powerful tool for mammalian gene silencing with significantly reduced off-target effect”
    The 3rd Pan Pacific Symposium on Stem Cells Research 2010 (PPSSC 2010)(2010.4.17)Taichung, Taiwan

2009

  • <招待講演>
    程 久美子
    「siRNAの塩基配列に依存したサイレンシング活性」
    防衛医科大学「バイオを論じる会」(2010.2)
  • 程 久美子
    「RNAサイレンシング活性を制御する小分子RNAの塩基配列」
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) ワークショップ 「イントロン進化の最前線」 パシフィコ横浜
  • 内藤 雄樹、吉村 淳、森下 真一、程 久美子
    “siDrect2.0:a website updated to select functional siRNA with reduced off-target effect for functional genomics”
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • 西 賢二、田中 愛、程 久美子
    “Motif analyses of subcellular location of human GW182 family proteins”
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • 松田 みなみ、西 賢二、程 久美子
    「転写因子ZEB1の制御を介したE-カドヘリンの発現誘導に関わる小分子RNA」
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • 米沢 聡史、西 賢二、内藤 雄樹、程 久美子
    「イントロン性microRNAの宿主遺伝子に対する発現制御機構の解析」
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • 高橋 朋子、西 賢二、善野 修平、程 久美子
    「siRNA非シード部位とRNA結合タンパク質の相互作用」
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • 長田 喜郎、西 賢二、内藤 雄樹、程 久美子
    「Small RNAシード領域の熱力学的安定性に依存したサイレンシング効果」
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • Taniue K, Nishida A, Hamada F, Ui-Tei K, Tabata T, Oda T, Akiyama T.
    “Sunspot, a link between Wingless signaling and endoreplication in Drosophila. ”
    第32回日本分子生物学会年会(2009.12) パシフィコ横浜
  • <招待講演>
    程 久美子
    「RNAiによる特異的遺伝子発現抑制システム」
    法政大学セミナー(2009.11)
  • Ui-Tei K, Nishi K, Naito Y, Zenno S, Juni A, Saigo, K.
    “Reduced base-base interactions between the DNA seed and RNA target are the major determinants of a significant reduction in the off-target effect due to DNA-seed-containing siRNA”
    2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2009) (2009.11) Toyoda Auditorium, Nagoya University.
  • Naito Y, Nishi K, Juni A, Ui-Tei K.
    “Functional shRNA expression system with reduced off-target effects”
    2009 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2009) (2009.11) Toyoda Auditorium, Nagoya University.
  • <招待講演>
    程 久美子
    「小分子RNAによる標的mRNA認識機構」
    私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム「診断・治療に新たな展開をもたらす機能性RNA研究」(2009.11) 日本医科大学・橘桜会館
  • 程 久美子
    「小分子RNA作用マシナリーの調節機構ー塩基配列に依存した小分子RNAによるサイレンシング活性の調節」
    新学術領域 非コードRNA作用マシナリー 第1回領域会議 (2009.10) 東京大学・工学部11号館
  • 程 久美子
    「1遺伝子特異的発現抑制システムの構築」
    マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作)公開シンポジウム=分野横断的手法を活用した新時代の生命科学研究= (2009.8) 東京大学・山上会館

2008

  • 程 久美子、内藤 雄樹、善野 修平、西 賢二、従二 綾、田中 愛、西郷 薫
    「siRNAの中央部分は標的mRNAの二次的認識部位として機能する」
    マルチスケール操作によるシステム細胞工学(バイオ操作)(2009.3) 東京エレクトロンホール宮城
  • 程 久美子、内藤 雄樹、善野 修平、西 賢二、大和 建嗣、従二 綾、田中 愛、西郷 薫
    「部分的DNA置換によるsiRNA配列の領域特異的機能解析:シード領域をDNAに置換したsiRNAはoff-target効果がない」
    第31回日本分子生物学会年会(2008.12) 神戸ポートアイランド
  • 松田 みなみ、西 賢二、内藤 雄樹、程 久美子
    「E-カドヘリンのRNA activationは転写因子に対するオフターゲット効果によって引き起こされるのか?」
    第31回日本分子生物学会年会(2008.12) 神戸ポートアイランド
  • 米沢 諭史、内藤 雄樹、西 賢二、程 久美子
    「オートフィードバック制御が可能なイントロン性microRNAの検索とその作用」
    第31回日本分子生物学会年会(2008.12) 神戸ポートアイランド
  • 佐々木 紀彦、沖塩 和彦、平野 拓也、程 久美子、豊田 英尚、西村 知晃、墨田 泰生、早坂 美知子、花岡 和則、等 誠司、池中 一裕、西原 祥子
    「へパラン硫酸はマウス胚性幹細胞の未分化性と多能性を制御する」
    第31回日本分子生物学会年会(2008.12) 神戸ポートアイランド
  • Ui-Tei K, Zenno S, Naito Y, Takahashi F, Nishi K, Juni A, Tanaka A, Saigo, K.
    “DNA-modified siRNA-dependent gene silencing responsible for reducing off-target”
    2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2008) (2008.11) Nagoya University.
  • Piao Z.F, Takahashi F, Saigo K, Ui-Tei K.
    “RNAi cell microarray by reverse transfection of siRNA and shRNA vector for functional genomics”
    2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2008)(2008.11) Nagoya University.
  • 程 久美子、内藤 雄樹、善野 修平、西 賢二、従二 綾、田中 愛、西郷 薫
    「siRNA配列の領域特異的機能解析によるoff-target効果の少ないsiRNA設計」
    東京大学生命科学ネットワークシンポジウム(2008.9) 東京大学・安田講堂/工学部2号館
  • 内藤 雄樹、納冨 香子、小野木 利成、西郷 薫、武部 豊、程 久美子
    「ヒト細胞で効率よく標的遺伝子を抑制できるsiRNA配列設計法のHIV-1への応用」
    東京大学生命科学ネットワークシンポジウム(2008.9) 東京大学・安田講堂/工学部2号館
  • <招待講演>
    程 久美子
    「塩基配列の相補性に依存した低分子RNAによる標的遺伝子抑制機構」
    慶応大学 セミナー(2008.5.20) 慶應大学 鶴岡タウンキャンパス
  • <招待講演>
    程 久美子
    「RNAiとは何か ~基礎から応用まで~」
    三菱科学総合研究所 セミナー(2008.4.16) 三菱科学総合研究所

2007

  • 内藤 雄樹、納冨 香子、小野木 利成、程 久美子、西郷 薫、武部 豊
    「高いゲノム多様性をもつウイルスに効果的なsiRNAの設計」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(2007.12) パシフィコ横浜、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • 西 賢二、程 久美子、西郷 薫
    「単純ヘルペス1型VP22タンパク質の細胞への取り込み機構」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(2007.12) パシフィコ横浜、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • 程 久美子、内藤 雄樹、善野 修平、高橋 史峰、西 賢二、従二 綾、田中 愛、西郷 薫
    「哺乳類RNAiにおけるsiRNAガイド鎖5'末端領域の役割とoff-target効果が弱いsiDRC設計」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(2007.12) パシフィコ横浜、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • 加藤 稔、黄 怡瑩、松尾 美奈、高科 庸子、佐々木 一代、従二 綾、程 久美子、坂井 薫、石井 健久、上條 信一、西郷 薫、程 肇
    「miR187配列を利用したMC4R RNAi トランスジェニックマウスの作成と解析」
    第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(2007.12) パシフィコ横浜、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル
  • <招待講演>
    程 久美子
    「RNAi実験の基本手法詳説講座~RNAi実験のテクニックを理解する7つのステップ~」
    学際企画 東京:科学技術館(2007.11.11) 大阪:大阪科学技術センター(2007.11.12)
  • <招待講演>
    程 久美子
    「バイオインフォマテイクスを用いたRNA研究による生命現象の理解」
    お茶の水女子大学 女性リーダー育成プログラム「生命情報学を使いこなせる女性人材の育成」第9回バイオインフォマテイクスへの招待(2007.10) お茶の水女子大学
  • <招待講演>
    程 久美子
    「哺乳類細胞におけるsiRNAを用いたRNAiの誘導」
    日本遺伝学会第79回大会(2007.9) 岡山大学理学部・創立50周年記念館(津島キャンパス)
  • 内藤 雄樹、納冨 香子、小野木 利成、程 久美子、西郷 薫、武部 豊
    「高いゲノム多様性をもつウイルスに効果的なsiRNAの設計とその検証」
    東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007「生命科学・知の構造化」(2007.9) 東京大学安田講堂/工学部2号館
  • 西 賢二、程 久美子、西郷 薫
    「新規エンドサイトーシスによる単純ヘルペスウイルス1型VP-22のC末端ドメインとGFP融合タンパク質の細胞内取り込み機構」
    東京大学生命科学研究ネットワークシンポジウム2007「生命科学・知の構造化」(2007.9) 東京大学安田講堂/工学部2号館
  • 内藤 雄樹、納冨 香子、小野木 利成、西郷 薫、武部 豊、程 久美子
    「哺乳類細胞で有効かつ標的遺伝子に特異的なsiRNA設計法の確立とその抗ウイルスRNA干渉法への応用」
    RNA研究若手の会2007(2007.9) ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター
  • <招待講演>
    程 久美子
    「網羅的RNA干渉法による機能ゲノム解析の基盤技術開発」
    バイオ医療オミックス情報学人材養成プログラム システム病態学2(2007.7) 東京医科歯科大学
  • 程 久美子
    「RNA科学の基礎から応用へ」
    日本バイオインフォマテイクス学会 第1回JSBi合同研究会(2007.5) 東京大学医科学研究所
  • 程 久美子
    「生命の神秘にせまるRNA」
    第11回東京大学理学部公開講演会「挑戦する理学~自然の謎に迫る~」(2007.4) 東京大学 駒場キャンパス 数理科学研究棟大講義室
  • <招待講演>
    Kumiko Ui-Tei and Kaoru Saigo
    ”The current infrastructure and activities of RNAi research in Japan”
    NRPGM/A-IMBN Workshop on Genome-Wide Approaches in Genomic Medicine(2007.1) Academia Sinica, Taipei, Taiwan